オナ禁はいつか卒業するべき

オナ禁を卒業するべき?

はあ?

 

って思う人もいるだろう。

 

オナ禁を卒業すると言っても

 

おなにーをしまくるようになる

というのとは違う。

 

自分がオナ禁をしている

という意識がなくなるようにするのだ。

 

オナ禁をし続けるというのは

とても難しいことで、

ほとんどの人は

途中でリセットしてしまう。

 

そしてここで自信を失ってしまう。

オナ禁を続けられない自分は

ダメなやつなんだ。って

 

オナ禁が自己評価の中心に

なってしまうのだ。

 

 

これが、逆に長期間続いている時は

いいだろう。

 

1ヶ月続けられる自分に

矜持を抱いたりね。

 

その後もし、リセットしてしまったら

どうなるだろうか?

 

自分にも経験があるが、

おなにーしたことがばれないだろうか?

とか、

女の子と話すことさえ緊張してしまう

こともあった。

 

この状況が最悪なのだ。

テストステロンという

ホルモンは

メンタルに影響されるという。

 

だからリセット後の影響に加えて、

自信を失ってしまうと、

ダブルパンチでテストステロンが

低下してしまう。

 

そして、

自分のオナ禁がまた、

1ヶ月とか長期間

続くまでは

自信がないまま過ごすことになる。

 

 

こんなことになるなら、

オナ禁はいつか(モテるようになったりしたら)

卒業するべきだと思う。

 

オナ禁を卒業したからと言って、

 

あれだけ強大な性欲を

抑え込めた自分に

自信を持っていいと思う。

 

オナ禁を長期間続けることが

この界隈では

強いなんて感じになってる

雰囲気あるけど、(自分はそう思ってたことがある)

 

そんなことはなくて、

オナ禁はただの手段でしかなくて、

それを目的にしてはいけない。

 

オナ禁をして、

エネルギーを貯め、

それを何かに使っていくことが大切なのだ。

自己嫌悪

リセット時に陥りがちな自己嫌悪

 

これに陥ってしまうのは

色々と原因があるだろう。

 

せっくすできずに自分で慰めている

自分を嫌いになってしまうんだろう。

 

そして自信を失ってしまう。

 

だがそれはだめなんだ。

 

オナ禁で得られるテストステロンは

精神状態に影響される。

 

 

俺最強って思ってたり、

俺天才って思ってる人は実際にそうなっていくし

逆に、

「自分なんて、、、」

って思ってるやつは堕ちていく。

 

じゃあ自分を嫌いにならないような行動をとればいい。

 

AVを見て慰めている自分を嫌いになりそうだったら、

自分もAV男優がやっているようなせっくすをしたり、

自分もあんな風に女の子を感じ支えてあげようって思ったりね。

 

まずAVを見ている時点で自己肯定感が下がってしまうところも

あると思うから、

 

出来るだけAVを見ないようにすることも大事だね。

 

AVを見てするのはとても興奮して気持ちいいけれども、

それだけ、

興奮させる物質なんかが出ているってことだし、

危ないよね。

 

でも100%悪いってわけではない、

たまに見るくらいだったらいいと思う。

 

 

それを毎日繰り返すってことがダメなんだと思う。

 

 

その辺は自分の体のことだから自分が一番知っていることだしね。

自分で見極めて行こうな。

 

ブログなんかを見ても意味はない。

 

それぞれの体は違うし、

あのひとが100日で

モテモテになったからといって、

自分もそうなれるというわけではない。

 

だからといって落ち込むのもいけない。

 

自分のペースでゆっっくりと進めばいい。

 

頑張れ

 

自転車オナ禁

自転車を買い替えた!

 

ママチャリじゃなくてクロスバイクってやつ!(安いけど)

 

かなり乗り心地が良くて気に入ってる!

楽しいから、晴れた日は遠くに出かけることが多くなってる!

 

ダイエットしようと思ってたけど、だるくて走る気が起きなかったけど、自転車ならできるね。

 

遠くまで走って疲れたらおなにーする元気もなくなるからちょうどいいしね。

 

太ももは筋肉が大きいから、カロリーの消費も多いし。

 

スクワットで太ももを鍛えるのはテストステロンが多く出るからみたいなこと誰かが言ってたし、自転車でも同じ効果出るかきになるとこ。

 

 

ついでに下半身を鍛えることで、ぺにすもかたくなるらしいし、いいことづくしだね。

オナ禁は受験に効果あり?

オナ禁は、意味がないっていう人もいる。

 

でもそれは違うと思う。

実際にオナ禁で効果を感じている人もいるし、

 

実際自分も受験期におな禁をして、合格することもできた。


『それはオナ禁のおかげじゃないだろ』

 

っていう人もいるだろうけど、

 

オナ禁はまじで変わるよ。

 

何より集中力が上がりまくる。

 

 

 

まあ、信じない人はそれでいいと思うし、信じられる人だけ試してみたらいいと思う。

 

何より、オナ禁というのは自信がつく。

これは受験には有利だ。

 

自信には根拠がないといけないという人もいるだろうけど、根拠のある自信は弱い。

学歴、年収、容姿なんてのは比べれば上がいる。

 

受験で言えば、模試でも点数とかかな。

でも、模試は模擬試験であって、本番ではないから、模試でどれだけいい点をとっても不安な気持ちはある。

 

そこで、オナ禁を自分は続けてきたんだという矜持

を持って望めばどうだろうか。

 

実際自分はそういう変な自信を持って試験に臨んで合格できた。

 

だから、自分的にはオナ禁は受験にいい効果を持っていると思うんだなあ。

夢を叶えたいよね。

本屋に行けば、成功するための方法の書かれた本がいっぱい並んでいるが、この世の中成功者だらけではない。

 

それはなぜなのか。

 

多分、本の通りに行動しないからなんだと思う。

 

当然、偉人のように、成功者のように一日24時間のうちのほとんどの時間を何か一つのことに費やせば必ず成功できるのに、なぜかみんなそれをしようとはしない。

 

おかしいと思う。

 

 

だからと言ってみんな成功したくないわけじゃない。

 

自己啓発の本や、成功者の本がたくさん売れているということは、やっぱりそれだけみんな成功を望んでいるんだろう。

 

でも、ただ漠然と成功したいと思っているだけで、ちゃんとした夢を持っていない。

 

日本人はとてつもなく大きい夢を持てば、親、学校の友達、教師に笑われてしまうから、大きな夢を持てなくなってしまっているんだ。

 

今、この時代に坂本龍馬がいても、あれほどのことを成し遂げられないだろう。

 

なぜ坂本龍馬は、日本を変えることができたのか、

それは、

 

誰も彼の志を否定しなかったし、自分のことを信じていたから、自分の志があったからだ。

 

 

きっと坂本龍馬だって、あの夢を親や、誰かに笑われていたら途中で挫折してしまっていただろうな。

ヤリステやれる男

 最近は、ヤリステされる男が増えているらしい。

 

 

なぜ捨てられるのか、

それは、

魅力がないからだ。

 

当然だ、魅力がなければ人は縛れない。

 

会っていて魅力を感じない人に2回目会おうとは思わない。

 

 

まあ、1回目のせっくすまで持ち込めてるんだから、道程よりかはマシなんだけどね。

その代わり、2回目のせっくすのお誘いが来ないとか、自分から誘っても断れられるってことはせっくすが下手くそか、一緒にいても楽しくなかったってことだから、辛いとこだね。

 

 

じゃあどうすれば、相手の女の子に楽しんでもらえるか。

 

まず最初にAVを見ないようになろう。

AVはエンターテインメントであって、決してせっくすのやり方を教えてくれるものではない。

AVのなかで行われている行為は、演出であって実際の女の子は急に入れられたり、手マンを激しくされたりしてもあんなに簡単には気持ちよくなってくれるものではない。

女の子の体と言うのは繊細で、それだけ感じさせるためには時間がかかる。

AVのように簡単に女の子はいかないのだ。

相手の反応が悪いのにそれを無理やりいかせようとして、どんどん刺激を強くしていくかもしれないが逆だ。

強くクリを擦れば、相手が気持ちよさそうにしてくれるかもしれないが、きっとそれは痛くて我慢している表情だ。

 

いますぐにAVに影響されるのはやめよう。

 

 

 

そして、受け身の姿勢はやめよう。

男が女の子に楽しませてもらうのが常識だと思っているかもしれないが、それは違う。

 

『女の子の穴を使って、気持ちよくなれたらいいや。』

なんて思ってるかも知れないけど、それはせっくすではない。

 

女の子の体を借りたおなにーだ。

 

だから、女の子に捨てられるんだよって。

 

でもこう言うことを考えている男は多い。

自分のだけが気持ちよくなれたらいいやって。

だから日本ではせっくすの回数が少ないんだろうね。

 

 

そんな中で、もし相手のことを思いやりせっくすに望むなら、たとえ気持ちよくなれなかったとしても、また会いたいって思ってもらえると思うな。

 

 

困難は分割せよ

筋肉をつけながら、ダイエットすると言うのは不可能だ。

 

筋肉は動くたびに、カロリーを消費する。

そしてその筋肉が増えれば、その消費されるカロリーは増えていく。

 

それなのに筋トレをしながらダイエットのために、摂取するカロリーを減らせばどうなるだろうか。

 

すると、筋肉をカロリーとして消費していくのだ。

筋肉がエネルギニーに変わることで、筋肉の量は減るし、ついでにエネルギーもゲットできる。

 

 

でも筋肉つけたいし、ダイエットもしたいって言うなら、どちらかを優先して実行していくべきなのだ。

 

 

 

これは他のことにも当てはまる。

 

仕事関係で成功したいし、女性関係も楽しみたいって言うのは難しい。

 

成功者は両立させてるじゃないかって言う人もいるかもしれないけど、

仕事関係で成功している人は成功してから、いい女性と付き合うって言うのが多いと思う。

 

だから、困難をそのままにしておくのではなく、分割して自分のクリアできるレベルに落として取り組もう。

そうすればもはや困難ではなくなる。